【年商1億メロン全滅】北海道のメロン農家が除草剤を撒かれ大損失…廃業危機に追いやった犯人がついに判明!?【画像あり】

未分類

 

北海道のメロン農園にとんでもないことが起きました。6600玉ものメロンが、除草剤を撒かれて全滅してしまったというのです!

一体誰がこんなことをしたのでしょうか!?

年商1億のメロン農園が被害に…

被害にあったのは、北海道富良野町の寺坂農園。

この農園に除草剤を撒かれてしまったというのです。

約6600玉ものメロンが全滅してしまったそうで…。

これは、相当やばいですね。

一体いくらの被害額なのでしょうか…。

とんでもない額になってそうです。

農園の社長さんは、すでに被害届を提出しているといいます。

そして、Twitterで悲惨な現状を報告していました。

約6600玉のメロンが全滅して収穫不能。
科学的な調査の結果、
メロン畑に除草剤が撒かれて
いたことが判明しました。
悪質な犯罪行為により、お客様にもご迷惑をおかけします。
詳しくはブログに書かせていただきました。
http://furano-melon.jp/official-blog/post-4962/ 

 
 
1: 2017/08/03(木) 15:24:26.93 ID:CAP_USER9
2017年8月3日 14時48分 トピックニュース 
3日、北海道富良野市にある「寺坂農園」が公式ブログを更新し、同園が育てた一部メロンが「悪質な犯罪行為」によって全滅したことが明らかにし、話題になっている。 

ブログの告発によると、7月9日の深夜から未明にかけて、何者かがメロンハウスに侵入し、メロン畑6棟に除草剤を撒き散らした結果、約6600玉のメロンが枯れ果てる実害を被ったという。 

事件の予兆自体は7月に入って起こるようになったそうだ。メロンハウスの全自動換気装置が誤作動を起こすトラブルが2~3日ごとにあり、そのたびにメロンが高温で全滅しかかったという。 

当初はスタッフのミスだと思っていたというブログ主だが、そこで今回の事件が起こったという。除草剤散布の他、「メロン畑9棟の全自動換気装置の設定をぐちゃぐちゃに狂わせる」「メロン畑8棟の換気装置すべてを機能停止状態にする」といった犯罪行為が一度に行われたというのだ。 

枯れていくメロンをただ見ているしかない状況に、ブログ主は「生き地獄」「メロン農家なんて、もうイヤになりました」と心境を吐露。「メロン農家にとって、こんな過酷で悪質な犯罪行為はありません」 
「あまりの出来事に、世の中を信じられなくなるくらい精神的に追い込まれました」と、大きな怒りと落胆を表明している。 

幸い除草剤の来年以降の影響はなく、「ようやく犯人逮捕へのメドがついた」とのこと。 

↓↓農園の社長さんのTwitterによるみんなの反応は…↓↓