エ□美女の正体は152cmのヒップを持つコートジボワールの女性。「理想はキム・カーダシアン」<動画あり>



究極の曲線美を持つことは美への追求の1つであろう。このほど西アフリカのコートジボワールで、150cm以上のヒップを持つ女性モデルのニュースを、英メディア『Barcroft TV』をはじめ『The Sun』『Mirror』が伝えた。

コートジボワールのアビジャンに暮らすウドクシー・ヤオさん(本人の意思により年齢は非公開)は60インチ(152.4cm)という巨大なヒップサイズの持ち主で、それに見合った大きな胸と細いウエストが生み出す究極のボディラインは二度見せずにはいられない。ウドクシーさんの極端な体型を目にすると「整形」の2文字が浮かぶが、本人は「整形なんて人生で一度もしたことないわ。この体型は生まれつきなの」と主張している。

「私のような体型を持つ人は、誰でも隠そうとして大きめサイズの服を着るでしょう? でも私は隠すのが嫌で、体型が強調される小さくてストレッチタイプの服を着ているの。時々服がボディラインに耐えらなくて破れちゃうこともあるけど。自分のサイズはわからないし、知ろうとも思っていないわ。私の一番上の姉は私よりも大きなヒップなの。この“超セクシー”な体型は全て生まれつきよ。一旦家を出ると必ず人の視線を浴びるわ。みんな驚いて、車を運転している人まで停まって見ているほど。道行く人に一緒に自撮りを頼まれたりもするのよ。私が有名になれたのは、この体型を隠さずに見せてきたからなの。他の国へ行ってもファンの人たちは、私をアーティストとして接してくれるし。イベントやテレビに出演もすることもあって、時々司会役としてショーにも出ているのよ。セレブになった気分だわ。」

そんなウドクシーさんのセレブの手本となる理想の人物はキム・カーダシアンで、

「彼女の服のセンスが好き。彼女と比較されることもあるの」と話している。ダイエットすることもなく食べたいものを口にするという生活をしているウドクシーさんの現在の体重は95kgと迫力満点だが、ソーシャルメディアに究極のボディラインを強調したビキニ姿や下着姿の写真を投稿しており、フォロワーも多いという。しかし一方で、その体型をからかったり批判したりするユーザーも決して少なくはないようだ。

 

セクシーダンスはコチラ↓↓