アメリカのファッション雑誌「DETAILS」が

日本のセクシー男優しみけんを取り上げています。

そこでセクシー男優の過酷な現状が明らかになりました。

セクシー男優の過酷な現状

ある海外ニュースメディアによれば

日本のポルノキングしみけん35才は

ベッドの上の過酷な仕事にスタミナ切れとのこと。

日本のセクシー業界に女優は1万人いるが、

男優は70人しかいない

男優の数はベンガルタイガー(絶滅危惧種)より少ない。

しみけんは海外メディアにこう語ったようだ。

アダルト業界では毎月4千本もの

新作が作られているそうだが、

それを考えると男優の数は圧倒的に少ない。

こんな状況が男優に過酷な仕事を強いていると彼は言う。

しみけんのデビュー作ではアレを食べた事でも有名です。

デビュー作でう●ちを食べて入院

しみけんはファッション雑誌DETAILSのインタビューで

初めて出演したゲテモノでう●ちを食べ

入院するハメになったことを告白した。

現在の彼は週に21本もの

撮影現場をこなす超売れっ子。

本人の言によれば

これまでの20年近いキャリアの中で

7,500人の女優とベッドインし、

今は週の稼ぎが約180万円あり

高級車を数台持っているとのこと。

さらに続く驚愕の実態!次のページに続く!!