【狂気】【頭おかしい】富士山で滑落死したニコ生主のその後…….

おもしろい, ニュース

【祝!】冬富士にアイゼンビッケルも無しに実況しながら登って滑落死した生主がダーウィン賞受賞

1: 2020/06/08(月) 08:57:04.12 ID:MLBChs6J0● BE:866556825-2BP(4000)

2019年10月に富士山で滑落死した日本人男性に対して、愚かな行為により死亡した人を称える“ダーウィン賞”が贈られ、ネットで話題となっています。

しかし、ダーウィン賞の内容をよく読むと「スマホ片手にライブ配信しながら登山して死亡した」と解説されており、

事実とは異なる情報が拡散されている状態です。
この「スマホを触り続けながら登山していた」という情報については、当時も勘違いしている人が見受けられました。
改めて配信された映像からわかる事実を書いておきます。

【ダーウィン賞とは?】
まずはダーウィン賞について説明します。

ダーウィン賞とは、愚かな行為によって自分自身を人類の歴史から消したことで、その愚かな遺伝子を残さなかったことを称える賞のことです。
公式なものではなく、インターネット上に存在する悪ふざけサイトのひとつと考えてください。
たとえば2019年は民間航空機のコックピットに燃料が漏れ、整備士から飛行をやめるよう警告されたのにきかずに飛び立ち墜落死した男性。
ドアを開けると拳銃から弾丸が発射されるブービートラップを自分で設置しておきながら、自分でドアを開けて射殺された男性。といった事例に贈られました。
そのダーウィン賞の2020年のアワードに、冬の富士山に登り、滑落死した日本人男性が選ばれました。

 
 
続きはこちら↓