【暗い日曜日】100人以上が・・聴くとタヒにたくなる自役ソングの謎

未分類

現在では簡単に聴く事が出来るのだが

聴くと死にたくなるという暗い日曜日という曲があります。

今回は自殺ソングの謎についてまとめました。

 

都市伝説となっている暗い日曜日。

歌詞が暗いことが自殺をうながした原因と言われるのだが、

少なくとも世界中で100人以上の人が

この曲に関わって自殺をしています。

 

曲名は『暗い日曜日』

1932年にルッツオ・スレスが

作曲したシャンソンの名曲です。

 

だが、

これほど自殺に関わった歴史を持つ曲は

他に存在しないようです。

 

聴いたら突然、自殺?

ハンガリーの首都、ブダペストで

若い青年がこの曲の演奏をバンドに頼んだ。

彼はシャンパンを飲みながら曲を聴いていた。

 

その後、

勘定を済ませた彼は突然ピストルを取り出し、

こめかみを撃ち、その場で自殺をした。

 

ニューヨークでは

あるタイピストが自室でガス自殺をした。

 

遺書が残っていたのだが、

そこには、自分の葬式の時には

『暗い日曜日』を演奏してほしいと書いてあった。

 

ベルリンでは

若い男が首吊り自殺をした。

足元には『暗い日曜日』の楽譜が落ちていた。

 

80歳の老人がこの曲をかけながら、

7階から飛び降り自殺をした。

 

14歳の少女がこの曲の楽譜を手にしたまま、

川に飛び込み自殺をした。

不可解な自殺も・・続きはコチラ↓↓