板尾創路と豊田瀬里奈「ラブホはご想像に」不イ侖騒動に言い訳なし、実は松本人志の存在が関係!?

芸能

 

 

板尾創路とグラビアアイドル・豊田瀬里奈との不倫騒動。

 

2人でラブホテルに入ったことが報じられるも、豊田は「ラブホテルで映画を見ただけで男女関係はなかった」と、

いわゆる不倫を否定。一方、板尾の方はといえば、映画を見ていたことを認めつつも、

「プライベートなことなのでご想像にお任せ」と明確な否定はしなかった。しかも、所属事務所も「事実関係はおおむね報道の通り」と述べているという。

 

この状況を見ればを見れば、「ラブホテルに2人で入って、何もないはずがない!」と感じるのは当然で、疑惑の否定は難しい。

特に、板尾は1994年にも18歳未満の少女と淫行し、青少年健全育成条例違反容疑で逮捕された経験を持つ。

「板尾は1994年にも18歳未満の少女と淫行」の画像検索結果

この事件から今回の騒動を知り「またか・・・」と思う人は多いだろう。(その後、相手の18歳少女は、自ら「18歳以上である」と

偽って板尾と関係をもったことが明らかになった)

本人も事務所も明確な否定をしなかったことから、「不倫を認めた」という報道もなされている。

 

しかし、板尾の是非はさておき、筆者はこの流れ自体には強い違和感を覚える。

なぜなら、

「ラブホテルで女性と2人で映画を見たり、雑談したりするだけの時間を使い方」をする既婚男性がいても、何らおかしくないと思うからだ。

ようは、ラブホテルに入るイコール男女関係、何もないはずがない・・・という前提自体が間違っているように感じるのだ。

もちろん誤解を受けることは止むを得ない。

だからといってラブホテル=男女の関係を「確定事項」として取り扱ってしまうのは、あまりにも現代人の嗜好の多様性を軽視している。

更に・・・続きはコチラ↓↓