【衝撃インパクト】そんな種類あったの!?●●用のウィッグがランウェイに登場。そのメッセージが超真面目。

未分類, 話題, 驚きインパクト, ウィッグ, かつら, ランウェイ ウィッグ, 衝撃, 話題

 

 

 

2月8日から16日にかけて行われたニューヨーク・ファッション・ウィーク。時には、前衛的で大胆なファッションに目が釘付けになることも。その中でも一際目立っていたのが、KAIMINのランウェイ。

 
Albert Urso / Getty Images

 

KAIMIN のショー全体のテーマは多様性と寛容。この陰部用ウィッグは、個性の受容を表現しているという。KAIMINのプレスリリースは「ショーのライブビデオで表現し、ランウェイのモヒカンウィッグでも強調したとおり、個性の受容が人間の膣なのです」と説明した。

さすがNYファッション・ウィーク。陰部用のウィッグにもしっかり専門チームがいたとのこと。バックステージには、デール・デラポルテが率いるプレマのヘアスタイリストチームが構えていたという。このチームとチャーリー・ル・ミンドゥが協力し、KAMINのコンセプトを形にした。

 
Albert Urso / Getty Images

さすがNYファッション・ウィーク。陰部用のウィッグにもしっかり専門チームがいたとのこと。バックステージには、デール・デラポルテが率いるプレマのヘアスタイリストチームが構えていたという。このチームとチャーリー・ル・ミンドゥが協力し、KAMINのコンセプトを形にした。

女性の陰部用のウィッグは新しいものではない。

 

深い話は続きはコチラ↓↓