【閲覧注意】毎年100体を超える・・・樹海の恐怖。名所・青木ヶ原樹海のタブーとは?

未分類

自殺名所で有名な樹海

今回は樹海の恐怖のタブーを紹介します。

(閲覧注意)

 

青木ヶ原樹海とは

山梨県富士河口湖町・鳴沢村に広がる原野で、

富士山の北西に位置する。

 

上空から見た際にその木々の様子が

まるで海の波々のように見えることから、

「樹々の海」→「樹海」

呼ばれるようになったと言われています。

 

樹海の歴史は約1200年とまだ浅く、若い森である。

 

富士箱根伊豆国立公園に属し、

富士山原始林及び青木ヶ原樹海という名称で、

国の天然記念物に指定されている。

 

このほか国立公園の特別保護地域および

特別地区に指定されている。

 

そのため、林道から外れての入林は

自然公園法・文化財保護法違反となり禁止されている。

続きはコチラ↓↓