【サレ夫】嫁がウワキ、間男から求婚されていた。嫁にとって俺は負債にしかならないし、リコン届、通帳と印鑑、感謝と謝罪の手紙を置いてリコン準備完了!俺のことは忘れてね!さようなら~♪…のはずだったが、ややこしいことになったw

話題夫婦, , 浮気, 離婚

普通にお仕事行ってるかもしくは偽装で

 

間のところか、って事だよね。

 

病棟に電話すれば解っちゃうけど…

 

231: 名無し:2016/05/27 (金) 19:07:09.82

 

>>230

 

ただ今回は昼過ぎてからメールがわんさか来てるから本当に仕事だったっぽい。

 

232: 名無し:2016/05/28 (土) 18:25:46.92

 

>>231

 

なんで離婚するん

 

233: 名無し:2016/05/30 (月) 02:31:15.33

 

>>232

 

説明するとクズ長いから割愛するけど嫁浮気=好きな人がいる(間男からは絶賛求婚中)

 

過去のことを考えれば俺は嫁にとって負債にしかならないし慰謝料なん

 

て請求する権利も無いから渡せるもの渡して潔く身を引こうと思ってる

 

・・・ハズだったんだけど今ややこしいことになってます。

 

誰かいるなら相談乗って下さい・・・

 

234: 名無し:2016/05/30 (月) 05:06:31.71

 

>>233

 

相談に乗ってほしいなら、クズ長くてもコテトリ付けてテンプレ埋めろ

 

それが最低限のマナーだ

 

236: 葛男

 

前233です。よろしくお願いします。

 

●相談者用テンプレ

 

・相談者の年齢職業

 

35歳 会社員

 

・嫁の年齢職業

 

32歳 会社員

 

・婚姻期間

 

6年

 

・子供の人数、年齢

 

なし

 

・わかってるなら間男の年齢職業

 

嫁の同僚 年齢はわからないが同世代と思われる。独身

 

・過去の不倫の有無(夫婦共に)

 

自分はなし、嫁はわからない

 

・現時点で決別か再構築か方針は決まってるか

 

離婚

 

・その他、経緯と状況説明

 

嫁の雰囲気の変化から携帯を見る。

 

メール及び行為撮りで不倫を確認。

 

嫁の今後の幸せと自分の過去の贖罪を兼ねて身を引くことを決める。

 

4ヶ月の準備の後に離婚届と通帳を置いて先週家を出る。

 

現在は嫁から謝罪の電話やメールが来ており自分とやり直したいとのこ

 

237: 名無し:2016/05/30 (月) 15:10:55.51

 

離婚だな

 

遊びで下半身開く女は捨ててしまえ

 

何度もやるぞ

 

238: 名無し:2016/05/30 (月) 15:21:55.94

 

子供もいないし普通に別れればいい案件じゃん。

 

事務的に最後の話だけしてくれば?

 

中途半端なカマッテチャンにも見える行動とるから長引くだろ。

 

239: 葛男

 

結婚までの経緯とこれまでの所業について

 

自分は嫁と交際するまで3人と交際経験があるのですが別れた理由が全て相手側の浮気でした。

 

それからは女性不信になりギ○ンブルにのめり込むようになりました。

 

当然生活もキツくなり挙げ句の果てにイ昔金までする有様でした。

 

そんな折に今の嫁と出会い嫁から強いアプローチうけました。

 

交際に関しては女性が信じられないことと自分にイ昔金があること(イ昔金のことは言わず女性不信ということだけ)で断っていました。

 

それでも嫁からのアプローチは止まらず自分もどうせ捨てられるんだからと半ば投げやりに交際を開始しました。

 

交際から半年が過ぎた頃には自分は嫁に惚れ込んでしまいお互い二十代も後半に入り周りの友人の結婚などから結婚して幸せな家庭などを夢見るようになってしまいました。

 

ですが現実には自分にはイ昔金があり収入もイマイチ、イ昔金を嫁に黙っているのも罪悪感が溜まるばかり。

 

嫁の幸せを考えるなら他に選択肢もなく自分は別れることに決めました

 

しかし、嫁は猛反発で理由について聞いてきました。

 

適当な言い訳をして別れようとしたのですが嫁は許してくれず自分も何を血迷ったのかイ昔金のことや額について話してしまい唖然とする嫁をおいて逃げるように去りました。

 

それから少し経ってから嫁から呼び出され断りましたが実家にまで来ると言われしぶしぶ呼び出しに応じました。

 

嫁は会うなり突然封筒を自分に渡すと、この金でイ昔金を返して私と結婚するか今から実家に行って親にイ昔金のことをバラされるかどっちが良い?と言われました。

 

 

 

↓続きはコチラ↓

友だち追加