【動画あり】米人気YouTuber、日本撮影の自投遺体動画投稿600万回再生される

未分類, 話題, 驚きポール YouTuber, ポール 謝罪, 日本 自殺, 自殺 動画

日本で撮影の自殺遺体動画 ユーチューブ「ジョークでない」と投稿非難

人気ユーチューバー、ローガン・ポール氏(22)が日本で自殺したとみられる遺体の動画を投稿、批判が殺到した問題で、動画投稿サイト「ユーチューブ」(本社・米カリフォルニア州)が9日「自殺はジョークではない」と非難した。再発防止措置を講じるとした。

 ツイッターの公式サイトに公開書簡という形で書き込んだ。問題発覚後、ユーチューブの初めての反応。投稿を巡っては自殺対策団体などから強い反発が出ており、米メディアはユーチューブの対応の遅さを指摘した。

 ユーチューブは「われわれは多くの人々と同様、画像に動揺した」と指摘。ポール氏は昨年末、富士山麓の樹海を仲間と散策した際、遺体を見つけ、一部始終を撮影した動画をユーチューブに投稿。強い非難を受けて今月初めに画像を削除して謝罪。動画投稿を当面自粛することも明らかにした。AP通信によると、動画は削除されるまでに約600万回再生された。

青木ケ原樹海の自殺遺体動画を投稿した米人気YouTuber、謝罪動画を公開 

自殺の名所として知られる富士山麓の樹海で自殺者の遺体とみられるものを撮影した動画をYouTubeに投稿した件をめぐり、米人気YouTuberのローガン・ポールさんが謝罪文と謝罪動画を公開し、反省の弁を述べている。

 ポールさんが12月31日に投稿した動画には、富士山麓の青木ケ原樹海を友人らと歩く様子が撮影されていた。ポールさんは、この樹海を自殺の場所に選ぶ人たちがいることは知っていたようだが、実際に自殺者の遺体とみられるものが木から吊り下がっているのを発見して驚いている。

photo騒動を巻き起こしたYouTubeチャンネル(Image via YouTube)

 動画は既にポールさんのYouTubeチャンネルから削除されているが、メディアの報道によれば、削除されるまでに600万回ほど視聴されたという。ポールさんの公認YouTubeチャンネルには1500万人以上が登録している。3日現在、ポールさんのYouTubeチャンネル自体は視聴可能な状態にある。

 この動画はその後大炎上し、ポールさんの動画での態度が「ふざけていて敬意に欠ける」といった批判が相次ぎ、最初に発表した謝罪文についても「不十分」との批判が噴出した。

 その後ポールさんは2日遅くに、YouTubeとTwitterに謝罪動画をアップロード。「許してもらえるとは思わないが、それでも謝罪したい」と神妙な面持ちで反省の意を表し、撮影時の状況について「僕たちはどう反応したらよいものか分からず、気持ちの整理がつかなかった」と説明している。

 さらにポールさんは「インターネットユーザーやこの動画を見た全ての人たち、心の病やうつ病で苦しむ人たちに謝罪したい。そして何より、ご遺体の本人とご家族の皆さんに謝罪したい」と続けている。

実際の動画はコチラ↓↓